金利で選ぶ消費者金融

消費者金融において最も気になることといえば、やはり金利です。
よって、消費者金融のキャッシングの選び方としては、まずは金利を気にして選ぶべきです。
その金利ですが、キャッシング会社の広告などを見ると「年利5パーセントから18パーセント」と
いうような宣伝文句をよく見かけます。
キャッシングにおいては、審査をした上で申込者のそれぞれに、特定の金利が割り当てられます。
その金利のことを「適用金利」というのです。
この適用金利ですが、もちろん全ての人が全く同一の金利というわけではありません。
先ほどの広告で言えば、人によって5パーセントから18パーセントまで金利の幅があるということに
なります。キャッシングを利用するのであれば、誰しも金利は低いほうがいいに決まっています。

 

金利が低ければ、その分支払う利息も少なくなります。

 

しかしこの金利、先ほども言いましたとおり、審査によって決定されますので自分で選ぶことは
できません。
では、どのような人が低金利で、どのような人が高金利が適用されるというのでしょうか。
比較的低金利が適用されるのは、収入が多い人です。
収入が多いだけではなく、雇用が安定している人も、比較的低金利を適用される
傾向にあります。こういった人は、下限金利がとにかく高いキャッシングを選ぶべきです。
それ以外の人は、比較的上限金利に近い金利を適用されますので、上限金利が低めに
設定されているキャッシングを選ぶべきです。